-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-14 21:49 | カテゴリ:娘語録
今日7月14日は長女の誕生日です。

満9才になります。

そう1999年の7の月生まれです。



予定日は28日でしたので、2週間早く産まれました。

早期胎盤剥離で急遽帝王切開となりました。

緊張と出血多量のため 手術が始まってから しばらく気を失っていたようで

自分の「いびき」で目が覚めたのを覚えています。

ちょうど子宮から赤ちゃんを取り出すときでした。

麻酔が効いているので痛みとかはないのですが 感覚ではっきりそうだとわかりました。

「あー産まれた」と安堵したものの、その後、とてもとてもかぼそい声が一言だけ聞こえたきりで

「オンギャー」という元気な産声が聞こえません。

かわりに病院スタッフの「泣きなさい」と言いながら ぺちぺちとおそらくお尻を

たたく音が聞こえるだけです

「うそやろー」とだんだんと不安になってきて、脳裏をかすめる最悪の事態を必死にふりはらいながら

ただひたすら「泣いて!お願い泣いて!」と心の中で祈るばかりでした。

そのあと縫合処置をしていた院長が「救急車を呼んで」とスタッフに言うのが聞こえました。

私は泣きながら院長に「I病院はイヤ、I病院はイヤ」とうわごとのように繰り返し訴えましたが

結局、新生児ICUのある近くのI病院に赤ちゃんは搬送されました。

実は1ヶ月前にダンナの兄が交通事故に遭い救急車で

I病院に搬送され亡くなったばかりでした。

私も出血がひどかったらしく、知らない間に輸血されていました。

赤ちゃんに付き添ったダンナは搬送先のI病院で

「今晩がヤマなので覚悟はしていてください」と言われたそうです。

私は一度も赤ちゃんの姿を見ないまま引き離されたので

とても落ち込んで自分を責めることしかできませんでした。

と、まあドラマのような出産秘話ですが

お蔭様で赤ちゃんは助かり目だった後遺症もなく10日ほどで退院できました。

体重が2780gあり体力と生命力が強かったのかもしれませんが

きっと亡くなった義兄が助けてくれたんだろうと思いました。

その後、発達も順調で、すくすくというよりデブデブと成長し

身長・体重ともに平均以上に育っています。

明るく活発で、人一倍好奇心旺盛で頭の回転も早いのですが

元気が良すぎて落ち着きがなく常に動き廻っているのでケガが絶えません。

学校とも相談して今年の4月に病院で検査してもらったら

運動性LDの疑いがあるということでした。

そのために毎月2回40分程度、運動機能の訓練を受けています。

内容はトランポリンに乗ったり、鐘突きの棒のように天井から吊るされたクッションにまたがり

揺らされても落ちないようにバランスとる運動や、テニスボールをラケットで打ち返すなどです。

本人は遊び感覚なのでとっても楽しく訓練を受けています。

IQは124と とてもいいらしいのですが 

記憶の面でいろいろ問題があるらしく 理解力はあるのにすぐに忘れてしまうので

同じ失敗を繰り返したり、何度も同じ注意をされてしまい

自己評価が低くなり、やる前から「できない」と思い込んだりするなどの傾向があるとのことです。

今後、学習の仕方などを親子で訓練していかねばならないようです。

なんだか余計なことを長々と書きましたが

ともちゃん、9年間元気に育ってくれてありがとう。

いたらないお母さんで、いつも怒ってばかりですが

お母さんはあなたのことが大好きです。

あなたのお母さんでいられて幸せです。

ありがとう。これからもよろしくね
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://yukarikomh.blog23.fc2.com/tb.php/134-cbc53243
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。